厚生労働省の厚生労働統計より、平成19年9月分の毎月勤労統計調査結果が発表されました。

・賃金
 9月の現金給与総額は、規模5人以上で273,008円、前年同月比0.6%減となった。
 現金給与総額のうち、きまって支給する給与は、268,991円で、0.3%減となった。また、所定内給与は、249,620円で、0.4%減となった。実質賃金は、0.5%減となった。

・労働時間
9月の総実労働時間は、規模5人以上で148.6時間で、前年同月比2.6%減となった。
 総実労働時間のうち所定内労働時間は、137.8時間で2.6%減、所定外労働時間は、10.8時間で1.0%増となった。
 また、製造業の所定外労働時間は、16.5時間で1.7%減、季節調整値は、0.5%増となった。
・雇用全体では規模5人以上で前年同月比1.7%増となった。一般労働者は0.5%増、パートタイム労働者は4.8%増となった。
主な産業についてみると、製造業0.7%増、卸売・小売業1.0%増、サービス業2.0%増となった。

厚生労働統計一覧