厚生労働省では、働き方改革関連法による改正労働者派遣法に定められる
「派遣労働者の同一労働・同一賃金について」というタイトルで、
わかりやすいパンフレット、一般労働者の賃金水準一覧、FAQ等をまとめて案内しています。

労使協定方式(労働者派遣法第30条の4)「同種の業務に従事する一般労働者の賃金水準」について

働き方改革関連法による改正労働者派遣法により、派遣元事業主は、
1「派遣先均等・均衡方式」(派遣先の通常の労働者との均等・均衡待遇の確保)、
2「労使協定方式」(一定の要件を満たす労使協定による待遇の確保)
のいずれかの待遇決定方式により派遣労働者の待遇を確保することとされ、令和2年4月1日に施行されます。
このうち、2「労使協定方式」については、「同種の業務に従事する一般労働者の賃金」と同等以上であることが要件となっています。

以下はパンフレットの一部です。

厚生労働省 派遣労働者の同一労働同一賃金について

厚生労働省 「働き方改革」の実現に向けて

派遣労働、働き方改革関連につきましては、弊事務所でも具体的な内容のご説明・ご相談を承っております。